キウォフプラスの副作用 | 犬用の優秀な寄生虫駆除薬ならキウォフプラスがオススメです

犬用の優秀な寄生虫駆除薬ならキウォフプラスがオススメです

キウォフプラスの副作用

白色と緑色の錠剤

数々のペットジェネリックの中でも、キウォフプラスは優秀な薬の一つです。
子犬のうちから使用できるので、もし回虫が母子感染していた場合でも速やかに治療を行うことができるので、子犬も母犬も寄生虫からしっかり守ることができます。
ですが、キウォフプラスも犬用の薬の一つなので、場合によっては副作用が現れることがあることも忘れてはいけません。
副作用が現れてしまったときに慌てないで済むように、キウォフプラスの副作用はどのような症状があるのかについてもきちんと知識をつけておきましょう。

キウォフプラスは投与したあとに流延や嘔吐などの副作用が見られることがあり、非常に稀ですが子犬の場合は下痢や血便を起こすこともあります。
副作用としてこういった症状があるので、キウォフプラスを投薬したあとの数時間は安静に過ごし、副作用が現れていないかどうかを注意深く観察するようにしましょう。
特に子犬にキウォフプラスを投与した場合は、投薬してから数日間ほど、様子をしっかりと観察して異常がないか確かめるようにしましょう。
また、食欲低下などの何らかの変化がみられた場合には速やかに動物病院へ連れていき、かかりつけの獣医師に相談しましょう。

キウォフプラスだけでなく、ペット用の医薬品は間違った使い方をしてしまうと、副作用が強く出てしまう可能性もあります。
なので、キウォフプラスを使うときは間違っても規定の量よりも多く与えるといったことをせず、用法用量を守って正しく投与するようにしましょう。