犬用の優秀な寄生虫駆除薬ならキウォフプラスがオススメです

犬の腸管に寄生する幅広い寄生虫を駆除。キウォフプラス

『キウォフプラス』ってどんなお薬?

『キウォフプラス』は、犬のお腹に住み着く寄生虫を駆除するお薬です。犬の体内に寄生する虫は、宿主である犬の体調にさまざまな悪影響を及ぼします。『キウォフプラス』を使用して愛犬の健康を守りましょう。

効果について

キウォフプラス

『キウォフプラス』は犬回虫、犬鉤虫、犬鞭虫、瓜実条虫、シアルジアを駆除する効果があります

寄生虫検査では検出されないほど未成熟の寄生虫にも作用するため、定期的な寄生虫駆除に最適です。有効成分は「プラジカンテル」「パモ酸ピラルンテ」「フェバンテル」の3種類。プラジカンテルは条虫・吸虫に作用すると麻痺を起こし、死滅させることができる駆虫成分です。

一方、パモ酸ピラルンテとフェバンテルは線虫を駆除する作用を持っており、この2つの成分が組み合わさると駆虫力を相乗的にアップすることができます。これらの成分によって、『キウォフプラス』は幅広い種類の体内寄生虫を駆除することができるのです。

安全性に優れている

安全性に優れているを説明する医者

『キウォフプラス』は幅広い体内寄生虫を駆除することができる駆除薬ですが、安全性にも優れているのが特徴子犬(生後2週齢以上)や、出産後の母犬にも使用することができます

寄生虫は母子感染することもあるので、子犬や母犬には特に『キウォフプラス』の投与をおすすめします。ただし、妊娠中や授乳中の母犬には使用できません。

母犬に対しては授乳期を終えてから投与しましょう。

副作用はどうなのか?

検査を受けている犬

『キウォフプラス』を投与すると、下痢、食欲不振、頭痛などの副作用が出る場合があります。

過剰投与した場合には嘔吐、流涎(異常にヨダレが出る)などの症状が出たとの報告もあるため、投与する場合は必ず愛犬の年齢や体重にあった服用量を守ってください

それ以外にも投与後になんらかの異常が見られた場合、ただちに獣医師に相談するようにしましょう

正しい使用方法について

ここでは『キウォフプラス』の犬によって異なる用量の目安や、正しい飲ませ方についてご紹介します
以下の推奨された方法で使用すれば、確実な体内寄生虫駆除が可能です。

用量の目安と駆虫スケジュール

小型犬と中型犬

犬の体重によって服用する量を変えなければならないため、以下の用量の目安から愛犬の体重にあった『キウォフプラス』を計算しましょう。

過剰投与は副作用が出やすくなるので注意してください。

また、犬の年齢によって服用する回数が異なるため、駆虫スケジュール通りの年齢にあわせた投与を行いましょう

【1回の用量目安】

【駆虫スケジュール】

飲ませ方には2通りある

薬を飲ませようとしている獣医

『キウォフプラス』は錠剤型のお薬。薬嫌いな犬は服用したがらないこともあります。錠剤には2通りの飲ませ方があるので、愛犬にとってストレスにならない方法を選びましょう。

①錠剤をそのまま飲ませる方法

犬の上あごを持ち上げながら、舌の奥に錠剤を押し入れて口を閉じたあと、喉元を優しくさすって飲み込むのを促します。

②フードに混ぜる方法

錠剤をなかなか飲み込んでくれない場合は、細かく砕いてフードに混ぜてあげましょう。

錠剤を砕く際は飛び散らないように注意してください。

使用時の注意点

使用時の注意点を説明する医者

有効成分プラジカンテルは、皮膚から吸収されることがわかっています。そのため、『キウォフプラス』を投与する際、素肌のまま錠剤を触らないように気を付けましょう。誤って触れてしまった場合は石鹸を使用してよく洗い流してください。

また、有効成分パモ酸ピラルンテは他の体内寄生虫駆虫薬によく含まれる「ピペラジン」と拮抗する(互いに影響を及ぼし合う)ことがわかっています。『キウォフプラス』とピペラジンの含まれる薬・サプリメントの併用は避けましょう

キウォフプラスを購入する

『キウォフプラス』はジェネリック医薬品なので安い

ドロンタールプラス

日本国内の動物病院では、「ドロンタールプラス」という体内寄生虫駆除薬が広く処方されています。使用したことがあるご家庭も多いのではないでしょうか。

実はこれまでご紹介してきた『キウォフプラス』は、そんなドロンタールプラスのジェネリック医薬品。つまり、ドロンタールプラスと同様の効果を持ちながら、はるかに安く購入することができる駆除薬なのです。

体内寄生虫はいつ愛犬の体内に入るかわからないため定期的な駆除薬の使用が効果的ですが、ドロンタールプラスはけっして安価な駆除薬ではありません。経済的に購入し続けるのは厳しい……という場合もあるでしょう。ところが『キウォフプラス』ならドロンタールプラスよりも安く購入できるため、節約しながら愛犬の健康を守ることができます。

しかも『キウォフプラス』は通販で購入することができるので、通院の手間がなく便利。安く購入したい方にはもちろん、通院の手間を省きたい方にもおすすめです。

安く購入するなら通販を利用しよう

通販で購入する女性

本来ペット用の寄生虫駆除薬は動物病院でしか処方されてないものですが、『キウォフプラス』は個人輸入代行サイトを利用すれば安く購入することができます

個人輸入代行サイトの利用は一般的な通販サイトとまったく変わらないので、注文してしまえば後は商品の到着を待つだけでお手軽です。ペット用医薬品を取り扱っているサイトを探して、『キウォフプラス』を購入しましょう。

個人輸入代行サイトってなに?

空輸される商品

そもそも個人輸入代行サイトとは、輸入するのに必要な海外業者とのやり取りを代行してくれるサイトのこと。

『キウォフプラス』は海外で購入できますが、それを日本に取り寄せる(個人輸入を行う)のは、外国語を理解できる人でなければ難しいでしょう。これでは誰でも簡単に購入することはできません。

そこで個人輸入代行サイトの登場です。個人輸入代行サイトは、文字通り個人輸入をサポートしてくれるサイト

海外業者とのやり取りをすべて行ってくれるので、外国語がわからない人でも手軽に個人輸入が可能。誰でも簡単に『キウォフプラス』が購入できるのです。

「楽天市場」「Amazon」などでは購入できない

楽天市場

通販といえば「楽天市場」や「Amazon」などの有名通販サイトを思い浮かべる方が多いと思います。しかし、『キウォフプラス』これらの通販サイトでは取り扱われていません

基本的に、日本のAmazonや楽天市場は国内に商品の在庫をもっていますが、法律上、販売業者が医薬品を販売するために輸入するのは禁じられています

一方、個人が自分で利用するために海外の医薬品を輸入することは認められています。つまり、輸入をサポート(代行)する個人輸入代行サイトなら合法的に安心して海外製の『キウォフプラス』を入手できるというわけなのです。

キウォフプラスを購入する

消化管内線虫・条虫の怖さとは?

さて、『キウォフプラス』によって駆除することができる消化管寄生虫は、犬にとって非常に怖い存在です。とはいっても、実際にどんな症状が出るのか詳しくはわからない、という方も多いのではないでしょうか。そこで、犬の体内に寄生する虫がどんな害をもたらすのかをご紹介します

回虫

回虫は、主に「トキソカラ症」と呼ばれる回虫症の原因となります

トキソカラ症はほとんどの場合感染していてもまったく症状のない「不顕性感染」を基本とする病気ですが、幼い犬が発症した場合、お腹の膨張や異常な口臭、貧血、食欲不振、嘔吐などを引き起こす危険な病気です。母犬が発症している場合は子犬に感染することがあるので、母犬や生まれたばかりの子犬に対する駆除薬の投与は必須と言えるでしょう。

鉤虫

鉤虫によって引き起こされる症状は、「鉤虫症」と呼ばれます。鉤虫症は猫も発症しますが、犬の場合は特に重症化することが多いので注意しなければなりません。

鉤虫症の主な症状は、下痢、粘血便、食欲不振、慢性的または極度な貧血、体重減少など。症状が悪化すればショック死するケースもあるので、少しでも愛犬の体調に異変があればただちに治療をはじめましょう。

鞭虫

鞭虫が引き起こす「鞭虫症」が、命に関わるほどの症状になるのは非常に稀なケースです。しかし、鞭虫症による症状は粘血便や血の混じった下痢を繰り返すなど、犬にとって辛く苦しい症状ばかり

鞭虫が増えれば極度の貧血を引き起こすことも考えられるため、危険な病気であることは間違いありません。また、鞭虫は繁殖力が高いため、一度鞭虫に汚染された地域ではペットに何度も寄生し続けます

瓜実条虫

サナダ虫とも呼ばれる瓜実条虫は、「犬条虫症」の原因となります。

ほとんどの場合症状があらわれない比較的危険性の低い病気ではあるものの、濃厚感染(一度に多くの瓜実条虫に感染)すると、激しい下痢や体重減少などの症状が出ます

人間にも寄生するので注意

以上で紹介した寄生虫は、人間の体内にも寄生することがあります。犬よりも人間に寄生した場合のほうが危険な寄生虫もいるので、寄生虫対策は犬にとっても飼い主にとっても非常に重要といえます。

『キウォフプラス』を使った定期的な寄生虫駆除は、欠かさず行いましょう

キウォフプラスを購入する

『キウォフプラス』の口コミと評判

ここからは実際に『キウォフプラス』を使用している方々の口コミをご紹介します。「よかった!」という口コミだけでなく、「イマイチだった」という口コミも紹介しているので、『キウォフプラス』を購入する際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

ドロンタールプラスからキウォフプラスに変えましたが、使用感はまったく変わりません。寄生虫検査ではいつも陰性ですし、安心して使用できています。しかもキウォフプラスのほうがかなり安く購入できるので、満足しています(★★★★★)

うちの子は寄生虫による下痢を起こしたことがあり、それ以来ずっとキウォフプラスを使って寄生虫対策を行っています。キウォフプラスを使いはじめてからは一度も寄生されたことがないので効果は確かだと思います。安価なのにこれだけ効果があるのはかなり嬉しいですね(★★★★☆)

安い寄生虫駆除薬を探していてキウォフプラスにたどり着きました。元々使っていたドロンタールプラスと比べると半額くらいのお値段で購入できるので、経済的で本当に良いと思います。友人の愛犬家にもすすめましたが、その方も喜んでいました(★★★★★)

キウォフプラスは安く買えるうえに、1箱で20錠も入っているからコストパフォーマンスがすごいです。定期的に飲ませるといっても一ヶ月に1回なので、小型犬なら1箱で1年は余裕で保ちますよ。多頭飼いの方にもおすすめできます(★★★★★)

うちの子は好奇心旺盛で、道端に落ちているものをどんどん舐めてしまいます。そのせいで一度回虫に寄生されてしまい、治療が大変でした……。今はキウォフプラスを使って定期的に寄生虫を予防しています。これなら散歩の時も怖くありません(★★★★☆)

多頭飼育なので、安く購入できるキウォフプラスはなくてはならない存在になっています。しかも通販で購入できるから買い溜めができて、いざという時に薬がないというミスも回避できますよ。寄生虫は、一匹が感染するとどんどん感染が広がっていく怖いもの。これほど安い駆除薬でケアできるなら、絶対にしておいたほうがいいと思います(★★★★★)

これまでドロンタールプラスを病院で処方してもらっていました。でもキウォフプラスは通院の手間も省けて本当に便利です。副作用も今のところ出ていませんので、安心して使えてます(★★★★★)

うちは小型犬を飼っているんですが、うちの子にとってキウォフプラスの錠剤はちょっと大きいみたいで食べにくそうです。なので、いつもは錠剤を砕いてあげるようにしています。でも効果的には問題ありません。食べさせるのにちょっと手間がかかる以外は満足なので、これからも続けていきたいと思います(★★★☆☆)

ドロンタールプラスからの乗り換えです。キウォフプラスはドロンタールプラスに比べてちょっと錠剤が硬い気がしますね。あげる時に自分で錠剤を割って用量を調節する必要があるので、割りにくいのはマイナスポイントかも。しかも錠剤を触らないようにしなくちゃいけないので面倒くさいですね。でもこの安さはその面倒くささを補って余りあるメリットだと思います(★★★☆☆)

相当な薬嫌いなので、なかなか食べてくれないのは困りました。フードに混ぜてもニオイで気付くし。今はフードに用量の半分を混ぜて、おやつにもう半分を混ぜる方法でだましだまし食べさせています(★★☆☆☆)

キウォフプラスは自分で服用量を決めないといけないので、毎回体重をはかって用量を計算するのが大変です。効果はあるのでその点だけどうにかならないかな、と思っています(★★☆☆☆)

キウォフプラスを購入する

TOPICS

ボトルから飛び出た錠剤

子犬にも使用できる

キウォフプラスの優れている点は、子犬や母犬にも使用できる犬用の寄生虫駆除薬であるという点です。回虫などの寄生虫は母子感染することもあるので、キウォフプラスなら子犬と母犬の体内にいる寄生虫を駆除できるんです。

READMORE

白色と緑色の錠剤

キウォフプラスの副作用

犬用のペットジェネリックの中でも優秀なものの一つですが、キウォフプラスも薬の一つなので副作用が存在しています。もしものときに慌てないで済むように、キウォフプラスの副作用についてもきちんと知っておきましょう。

READMORE

緑色のカプセル

通販なら手軽に購入できる

犬用のキウォフプラスをお手軽に購入するなら、やはり通販の利用がオススメです。キウォフプラスを取り扱っている通販サイトでは人間用の医薬品も取り扱われているため、人間の薬もペットの薬も簡単に購入することができるんです。

READMORE

コンテンツ一覧

「犬用の優秀な寄生虫駆除薬ならキウォフプラスがオススメです」のコンテンツ一覧です。

READMORE

TOPへ